健康食品と健康食品通販の利用を補助する健康支援サイト

一般的な健康食品の機能

健康食品で栄養バランスを整える

健康食品は、保健機能食品であれ一般食品であれ、食べることによって健康の維持促進を促すことを旨としており、基本的な働きは食事の栄養バランスを整える補助、つまりは、健康食品の役割は健康食品だけで自己完結するものではなく、通常生活を送る上での食事の中で不足しがちな栄養素を補うことにこそあるため、健康食品だけで三食の食事を賄うことは健康食品の役割ではありません。

あくまでも、健康食品の役割は食事の補助であり、健康食品だけで栄養を賄うことはできたとしても健全とは言い難く、偏りがちな栄養バランスを調整するためであったり、小食傾向にある方の間食であったりといった形での摂取が望ましく、健康食品の本旨に即した利用法となります。

保健機能食と補助食品の違い

その機能と安全性について国からの保証を受けた保健機能食品に対し、健康機能を謳いつつ、データや実証の不足から保健機能食品とはみなされない一般食品の多くは補助食品に分類されており、その違いはデータ並びに実証を国から認められているか否かに留まるものの、国からの認可の有無は健康食品としての信頼性に大きく結びついていることは確かです。

では、補助食品が健康食品として不十分なのかと言うと、これも正確ではなく、既存の栄養素を補う機能を主としているサプリメントのような、吸収の過程はともかく健康にとって必要な成分を含む補助食品も存在するため、用途ないし予算に応じて、必要な成分を含む健康食品を購入したいのなら、補助食品も選択肢に入り得るのではないでしょうか。